×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 この日、町はいつもと変わらずにぎわっていた

 違っていたのは 雪の降るクリスマスという事だけ



 高野(たかの)省吾(しょうご)は大きなクリスマスツリーの下にあるベンチに座っている

どれくらい座っているのかわからないが、暗い夜空に星が輝いていた。ふと時計をみると針は8時を指している

 俺は待っている まだこない誰かを そう 



雪の降る町で





  ホワイトクリスマス 〜ゆり Side〜





事の始まりは12月の初め 夜10時半頃



私、神野ゆりは迷っていた。この思いを伝えるべきか否か…

省吾とは幼馴染でよく一緒に遊んでいた。昔は気兼ねなく遊べたのに今は違う

私達は同じ学校に通っている。でも、省吾は部活の朝練があるし、私は学費のためにバイトをしている。そんな訳で会う事も連絡する事も、ほとんどなくなってしまっていた

 でも、変わらないものがあった それは…

  省吾の事が好きって気持ち

今も省吾の事を考えている。省吾と一緒に遊んだ思い出。小学生の頃言ったカワイイ約束。同じ高校に受かった時の喜び・・・

ピロリロリロン…

携帯の音が部屋に響いた。この着信音は…省吾

私はすぐさま携帯をとった。残念ながら電話じゃなくてメールだったけどそれでも嬉しかった 省吾と連絡取るのは何ヶ月ぶりだろう 最後に連絡をとったのが4月の部活が始まる前だから・・ っとそんな事を考えている場合じゃない 早くメールを見なきゃ

“ゆり、久しぶり。突然なんだけどさ。25日暇か?

暇なら少し会わないか。今まで会ってなかったし、色々話したい事もあるし

返信待ってる 省吾”

うっそ〜〜〜〜!! 省吾からこんなメール来るなんて・・しかもクリスマスに私を誘うって事は もしかして・・・

いかんいかん そんな訳があるわけない だって、昔から仲良かったんだから、一緒に遊びに行こうってだけだろうし

でも、ドラマとかだとイキナリ告白っていうのもあるよね。って事は〜 もしかしたら“俺、ゆりの事が・・”て、事になっちゃったりして・・・キャー

あ!返事返事

“うん、久しぶり☆まさか省吾から誘ってくるなんて思わなかったよ(笑)25日? ぜんぜんOKだよ 時間どうしよっか。夕方にする?昼にする?

私は夕方がいいなぁ〜 ゆり”

送信っと

 ピッ 

はぁ〜。返事まだかな〜 

ピロリロリロン…

“んー。夕方でにするか 時間は5時ってのどうだ?

あと、クリスマスなんだしプレゼント持参しろよ(笑”

よし!これならそのまま夜に…なんてね

プレゼントかぁ。何にしよう まぁ、まだ時間あるしゆっくり考えようっと

“5時ね 了解♪

プレゼント?良い物選んでおくから、そっちも良い物準備してよ〜”

ピッ

ん〜。プレゼントどうしよっかな〜

    ピロリロリロン… 

“分かってるって それじゃ、またな おやすみ”

何くれるんだろう〜 もしかして・・愛? なんちゃって

“またね〜 おやすみ☆”

    ピッ

にしても、ビックリしたなぁ 省吾からメール来るなんて。

クリスマスかぁ プレゼントどうしよ・・ま、時間あるし大丈夫かな

 おやすみ 省吾



私はそのままベッドにもぐり 眠りについた






12月23日

 私は近所のデパートに来ている。もちろん省吾のクリスマスプレゼントを買うため

でも、なかなか良いのが見つからない

仕方がないので 先に親にあげるプレゼントを選び行った

「去年はワイングラスをあげたから、今年はお皿にしようかな〜・・」

なんて事を考えながら、食器コーナーを見てみると かわいい小鳥が2羽描かれているプレートがあった

「あ、かわいい〜」

と、言って そのままレジで購入。これで親のプレゼントはOKである。私は再び省吾のプレゼントを選びに戻った

「そうだっ!コップにしよう コップならベターだし、おそろいのやつにできる うん、ペアのコップにしよ」

と、いうことでペアのコップ探しを始めた。10分ほど探して、2つ併せるとハートマークが浮かび上がる赤と青のカップを発見。迷わずそのまま購入し帰宅した



「これで準備完了 あとは25日を待つだけ♪ あ〜ぁ 早くクリスマスにならないかな〜(ため息」

私はうきうき気分でベッドに沈んだ…





このときの私は、無事にプレゼントを渡せると思ってた







12月24日夜



 私はバイト疲れで、くたくたになって帰宅した



今日はクリスマスだけあって忙しかったなぁ。ま、明日は省吾とのデートだから、これくらい何ともないけど♪

ピロリロリロン…

あ、省吾からだ

“よう 

明日の事だけど、場所はデパート前のでっかいツリーの下でいいか?”

 何で待ち合わせなんだろ?一緒に行けばいいのに…。ま、いっか

“うん、いいよ〜

明日が楽しみだね”

    ピッ

明日の服どうしよっかなぁ〜。コートは水色で、マフラーは白でいいかな……うん、これにしよっ!

さぁ、これで明日の準備はOK 後は夕方になるのを待つだけかぁ

もう11時、早く寝なきゃ・・。と、思いつつも色々あったわけで、眠りについたのは2時を過ぎていた







そして運命の12月25日午後



 外は雪が降っていた

 私はやや遅い昼食を終え、時計を見ると2時だったのでお風呂に入る事にした。私はゆっくりとシャワーを浴び湯船に浸かってから上がった。ドライヤーで髪を乾かし、セットして着替えた。時計を見ると針は2時をさしていた…

「うそ・・シャワーする前も2時だったのに・・。もしかして・・・・」

私は秒針を見た。すると、思ったとおり動いていない。携帯を見ると、既に4時半を回っていた・・

 とにかく急いで支度をし、省吾へのプレゼントを持って家を出た。ここから待ち合わせ場所まで歩いて40分はかかる。だが走れば25分ほどでいける距離だった。

 私はとにかく全速力で待ち合わせ場所に向かった





長い交差点の前まで来たので時計を見ると、4時50分だった

「これなら間に合いそう」

信号が点滅始めたので私は急いで渡ろうとした

その時だった。交差点をものすごいスピードで曲ってきた乗用車が私の視界に入ったのは・・・

 キキィーーッ…  ドンッ…

と、いう音がした所で私の意識はなくなった





 気がつくと病室のベッドの上にいた。少し頭がボーッとする。看護士を呼び、私が何故ここにいるのか聞いた。私は車に跳ねられた。と、いうか当たった。車はそのまま走り去ったらしい。その時に転倒し意識を失った後、近くにいた人が救急車を呼びこの病院に運ばれた。診断結果は軽い脳震盪だけで今すぐにでも退院できるという事だ。

 私は病院の人にお礼を言い、すぐに待ち合わせ場所に向かった。携帯を見ると22時を過ぎている。さすがに省吾は帰っているだろう。いや、怒っているかもしれない。もう会ってくれないかもしれない・・。



でも私は走った。一生懸命走った。とにかく私には待ち合わせ場所に行く事しか頭になかった



 もう10時を回っているという事で、町はカップルで溢れていた。省吾が1人でこんな所にいるわけないな・・・と、思いつつもツリーの前に着いた。そこには見慣れた男性がベンチに座っていた…



「省吾っ!!」

私は叫んだ。省吾はこちらを向き

「よう。待ちくたびれたぞ」

と言い、微笑んで手を振ってくれた。頭には雪が積もっている。省吾の前に立ち

「もしかして、5時からずっとここに?」

と、尋ねると 省吾は軽くうなずき

「当然だろ。約束したんだから、5時間ずーっと待ちっぱなし。風邪引いたらお前のせいだからな」

と、笑いながら言った

「ごめんね。省吾・・・」

私は涙を浮かべ、そう言った。そう言う事しかできなかった。

「・・・ったく」

省吾はそう言い立ち上がると、私を引き寄せキスをした

「んっ・・」

初めてのキスは少しすっぱく、ひんやりしていた

 省吾の顔が離れ

「俺はゆりの事が好きだ。昔からそう思ってる ゆりはどうだ?」

いきなり省吾に告白された。あまりにも突然の事なので頭の中は真っ白になっていた

「わ、、私も省吾の事が好き! 小さい頃からずっと・・ずっと大好き!!」

何とか出た言葉がこれだった。胸が熱くなり、自分の脈を打ってるのがわかる。顔も赤くなっている

「じゃあ、俺と付き合ってくれるか?」

省吾が問う。私は赤くなった顔に涙を浮かべたまま答えた

「もちろん」



 私たちはもう一度キスをした





 再び雪が降り始めた

空に浮かぶ月が、年に一度のクリスマスを祝福するかのように町を照らしている